軽井沢ガラス工房 ガラス体験・ガラス教室(吹きガラス/ガラス細工/ガラス工芸/) ガラス注文制作・軽井沢のお土産、レジャー

軽井沢
ガラス工房
TOP PAGE
ガラス体験
吹きガラス教室
SHOP & GALLERY
依頼制作・注文
NEWS
アクセス・概要
スタッフ紹介
Staff's Works
Kenji Works
おやじの軽井沢日記
リンク
メール
site map
 おやじのぼやき(軽井沢編)
会員の皆様への伊藤けんじの制作コーナーです
ご質問、ご感想もお待ちしております
お休みしてます。





































































































































































































































11月6
彩では日月曜日からワークショップなのだが、同じ時期に伊藤は展示。搬入搬出会場係で全部は見れそうもない。残念。しかし今回は身内の勉強会みたいなもんなので、気楽です。デュランの友達なんだから、それも気楽。会期中は当然加工などは出来ません。なのでしばし皆さんとはお会いしませんが、身内しかいない彩も新鮮な気がします。元々伊藤は広々と大物吹くために今の彩を始めた。レンタルなど想定もしていなかった。そんなことが多くの人達が貸してほしいとか教えてくれとか集まりだし、あれよあれよという間に20年以上。そしてまた大昔に戻ったような気がして新鮮なのであります。

10月29日
ゴリが田舎に帰ったので、しばし個展制作はお休み。しかしレースの小物が欲しいと画廊主に言われているので、鉢やそば猪口なんかはなんとか作りたい。もし本当に誰もスタッフがいなかったら伊藤は何を作るのであろうか。たぶんシンプルな器吹いて、エナメルしてるかもしれない。もしくは加工しまくりか。酸素バーナーでパーツ作ってピックアップしてるかもしれない。その意味では今度のワークショップは伊藤も勉強したいです。レンタルより安いはずが受講生がいない。日割りもいない。チラシが遅いと言われましたが、早ければ受講したかと言えば、それもなかろう。もはや皆さんには熱いものがないです。それどころかガラス目指す若手が本当に消えていなくなりました。大学なんかは先生自体がガラス作品で食えてた人でもないですしそれで作家育てるなんて元々無理なのですが。とりあえずスタッフの確保は今後厳しいと思ってます。私費で大枚はたいて海外の作家招待してきて、何十年ガラス業界に貢献してきたつもりが、とりあえず年末のワーク―ショップが彩の最後のイベントになります。残念な事だが冗談抜きで受講生いないので。今後も同じだと思いますので、そろそろ見切りをつける頃になりました。
それはともかく今度のワークショップは実質スタッフの勉強会になる。軽井沢も川越のスタッフも彩に集合。スタッフには社員旅行みたいなもんだと思ってもらえれば贅沢な感じ。皆で海外旅行行ったのと同じような経費ですし。

10月27日
元スタッフの周作が遊びに来た。独立して仕事も順調で、可愛いい奥さんと娘がいて、幸せ絶頂な感じであります。伊藤は20,30代に頃は注文に追われ鬼のように吹いてただけで、プライベートな楽しみなどあまり考えなかったが、今となってみれば若い頃人生楽しんだほうが良かったと思います。
川越の店長のノムリンが軽井沢に出向。2週間ほど滞在する予定。元々吹きの人間なので、息抜きもかねてです。川越は伊藤はほとんど関知せず、お茶飲みに一か月に一度覗くだけ。いつか伊藤が暇になったら軽食作りたいのだが。それはともかく管理者の立場にたってしっかり運営してくれているノムリンにはしばし気分転換してもらいたいところ。今まで沢山雇ってきたけどノムリンのように工房の為を考えてくれるスタッフって、あまりいないです。労働者の本音で言えば、ほとんどはお金沢山もらえて、好きな事やれて、楽なほど良いみたいな事だけど、そんな人ばっかだと即潰れます。せめて自分の働いてる工房なんだから少しは愛社意識持って、言われた事しぶしぶやるみたいなレベルは卒業してもらいたいところなれど、どこか冷めてて嫌なら他に行くみたいなスタンスだから出世しそうもありません。スタッフが職場を変えていける事も出来るのに。伊藤は信頼できて任せられる人がいるなら伊藤の工房じゃなくて良いと思っているのだが。
アクセス解析&SEM/SEO講座&ブログ for オンラインショップ開業
Top Page吹きガラス体験吹きガラス教室Shop & Gallery制作依頼NEWSアクセス概要スタッフ紹介Stsff's WorksKenji Works制作日記リンクメールsite map